電子タバコでタバコをやめる

 

禁煙に自信がない人や何度も失敗している人が利用することも多い電子タバコ。

 

電子タバコとは、電熱線で液体を加熱して発生させた少量の蒸気を吸引する、
タバコに似せた吸引器で、
タバコと電子タバコの最大の違いは「香りをつけた水蒸気を吸引する」というものです。

 

電子タバコとは言われますが、実際はタバコの葉は一切使われておらず、
グリセリンなど食品添加物と香料を混ぜた「リキッド」と呼ばれる液体を
バッテリーで加熱し、リキッドを煙(水蒸気)にして吸引します。

 

水蒸気とはいえ、その煙の量と質はタバコを超えていると言えるでしょう。

 

「煙の量」は、安価で販売されているものでさえタバコと同等かそれ以上、
まるで漫画のようなモクモクした煙が大量にでるものまであります。

 

「煙の質」という部分でも、電子タバコは優れています。
タバコの葉を燃やさないので発がん性の高いタールを発生させません

 

またタバコは悪臭、副流煙、ヤニ汚れが気になりますが、電子タバコは香料をつかった良い匂いで、
かつ水蒸気のためすぐに霧散しヤニ汚れなども発生しません。

 

禁煙することでイライラして家族や職場の人に迷惑をかけないよう、
電子タバコの力を借りることも方法のひとつではないでしょうか。

 

 

最近はタバコを自由に吸うことができる場所が少なく、
灰皿を探してうろうろするという愛煙家が増えています。
喫煙者にとっては肩身の狭い時代がやってきました。

 

臭いや煙を極端に嫌がる人も多いですし、実際に周囲の人にも臭いがついたり
健康に悪影響を与えるため毛嫌いされても仕方がありません。

 

 

突然禁煙するのは大変ですが電子タバコならば、
タバコを吸っている感覚や雰囲気はそのまま味わえるうえ
灰皿は必要ありませんから、どこででも利用することができます。

 

しかし、本物のタバコのように赤く火がついているように光り
吸い口から電子タバコを吸えば、口から煙のような水蒸気がでるため、
電子タバコのことを知らない人は本物のタバコだと思って
誤解をされることがあるかもしれませんから気をつけましょう。

 

 

副流煙やニコチンを気にすることなく、バニラフレーバーやミント味、フルーツ味など
様々な味を楽しむことができる電子タバコは、メーカーによって値段は違いますが
本物のタバコに比べるとかなり経済的でお金がかかりません。

 

タバコ1箱430円位しますが、電子タバコはかなり費用を抑えることができます。

 

メーカーにもよりますが、1本のカートリッジで20本分も利用できるものもあります。
初期費用はある程度かかることもありますが、長期的に考えれば安く済ませることができます。

 

 

タバコを吸うという習慣はそのまま、
ニコチンなどの発がん性物質を含まない電子タバコで禁煙できるのですから、
特に健康や美容に気をつけたい人には嬉しいグッズです。

 

電子タバコでニコチン中毒から脱出できれば、
そのあと電子タバコをやめることはそれほど大変ではないでしょう。

 

日本ではニコチンの販売が法律で禁止されているため、
電子タバコリキッドにニコチンは入っていません。

 

しかし海外ではニコチン入りのリキッドを使った電子タバコが、
従来のタバコに取って代わって大人気となっています。

 

利用する際には、知らない人から見たらタバコ吸っているのと変わりませんので
特に公共の場所、人が多くいる場所では
トラブルの原因となりますので、タバコと同じようにマナーを守って楽しみましょう。

 

 


 

 

 


さらなる禁煙成功を呼び寄せる方法



禁煙成功!

“完全にタバコから解放される”為の禁煙方法


タバコは悪いものだとわかっているのにやめれなかった喫煙者が
禁煙グッズや禁煙外来の医者に頼らずに禁煙できた方法です!

とても意思が強いとはいえない人でも
禁煙に成功できる可能性がグーンと高まりますので、
是非試してみてください!

人それぞれ、環境、状況が違うと思いますので、
これを読めば必ずやめられるということではないのですが、

実際に購入してから読んでみて効果がなければ
無期限で情報代金の返金がOKですので、
安心して自分のペースで取り組むことができます。




 

ページの上に戻る