身体にはよくないタバコの害って?

 

「タバコは身体によくない」ということは、吸っている人でもたいていは知っていることです。

 

でも、「どんな害があるのでしょう?」と聞いてみると、
「肺がん」という答えは出てきても次がなかなか出てきません。
「胃がん?」「肝臓がん?」・・・・・、でも、さほど悩む必要はないです。

 

関連性に差はあるものの、喫煙はほぼすべてのがんに関係があると言ってよいからです。

 

タバコの煙の中には4,000種類の化合物が含まれ、
その中には遺伝子を傷つけてがんを作る「イニシエーター」、
できたがんを成長させる「プロモーター」の両方が含まれています。

わかっているだけでも、発がん物質は約40種類、発がん促進物質は約200種類にのぼります。

 

ニコチン 血管収縮作用、依存性薬物、中枢神経興奮・抑制
タール 発がん作用、ベンツピレンをはじめ多くの発がん物質
一酸化炭素 酸素の250倍の強さでヘモグロビンに結合 → 体内が酸素不足に

 

このような物質を習慣的に吸いこんでいるわけですから、喫煙者はがんのみならず、
いろいろな病気になりやすく、寿命も短くなります。
また、その短い寿命の最後のほうは生活の質がかなり下がり、
辛いものになってしまう可能性が大です。

 

そして、肺がんによる死亡率は胃がんを抜いて単独首位になり、しかも依然、増加しています。

 

 

何度禁煙に挑戦してもなかなか成功しないという人も多いですし、
例えタバコが値上がりしても絶対にやめない、と豪語する人もいますが、
喫煙者のほとんどはタバコが健康に非常に悪影響を及ぼすことを知っていると思います。

 

最近は健康に関する情報がどこででも目にしたり聞こえてきますからね。

 

禁煙したいと思う人が年々増えてきており、
日本全体でも喫煙者が減少してきています。

 

タバコのリスクをしっかりと知り、今後も喫煙を続けていくとどうなるのか
自分だけでなく家族や周りの人のことも考えてみませんか。

 

先ほどもお話しした通り、タバコには発がん物質が数十種類含まれており、
吸い続けた年数や、毎日の喫煙本数が多いほど、がんのリスクが高くなります。
また若いうちからタバコを吸い始めると同じようにリスクを高めると言われています。

 

がんの予防には禁煙が最も重要だと言われています。
また肺炎など呼吸器関連の病気を引き起こしやすいので注意が必要です。

 

 

そして喫煙している本人だけでなく、
他人が吸っているタバコの煙による「受動喫煙」も健康に被害を及ぼすことが知られています。
副流煙には発がん物質などの化学物質が含まれているのです。

 

気管支炎を発症する子供の場合、母親が喫煙者だというケースが非喫煙者の子よりも約3倍も多く、
夫婦間でも配偶者が喫煙者だと副流煙による肺がんのリスクが高まると言われています。

 

自分のためだけならば挫折しがちな禁煙ですが、
家族や大切な人のためなら禁断症状も乗り越えやすいかもしれません。

 

 

あと、最近では、タバコのパッケージにも色々と注意書きやメッセージが表記されていますね。
禁煙したいと思うまでは、それほど注意深くみたこともありませんでしたが、
それぞれよく見てみますと結構怖いことが書いてありました。
その文面が色々とありましたのであらためてご紹介したいと思います。

 

  • 喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなります。
  • 喫煙は、あなたにとって脳卒中の危険性を高めます。
  • 喫煙は、あなたにとって心筋梗塞の危険性を高めます。
  • 喫煙は、あなたにとって肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
  •  

  • 人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が応じます。
  • 妊娠中の禁煙は、胎児の発育障害や早産の原因の一つとなります。
  • 未成年の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこの依存をより強めます。

    周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。

  • たばこの煙は、あなたの周りの人、特に乳幼児、子供、お年寄りなどの健康に

    悪影響を及ぼします。喫煙の際には、周りの人の迷惑にならないように注意しましょう。

  •  

  • 疫学的な推計によると、禁煙者は肺がんにより死亡する危険性が

    非禁煙者に比べて約2倍から4倍高くなります。

  • 疫学的な推計によると、喫煙者は脳卒中により死亡する危険性が

    非喫煙者者に比べて約1.7倍高くなります。

  • 疫学的な推計によると、喫煙者は心筋梗塞により死亡する危険性が

    非喫煙者者に比べて約1.7倍高くなります。

  • 疫学的な推計によると、たばこを吸う妊婦は、吸わない妊婦に比べ、

    低出生体重の危険性が約2倍、早産の危険性が約3倍高くなります。

 

ですが、喫煙していても、肺がんや心臓病、あるいは脳卒中にならない人もいますから、
タバコの害は証明されていない、と考える人がいます。

 

しかし、喫煙によって病気が発症しやすいのは、
あくまで確率の問題であり、100%起こるということではありません。

 

大したことはないと思ってしまいがちですが、
だからといって、タバコを吸うことは健康障害の原因ではないと言えないと思うのです。

さらなる禁煙成功を呼び寄せる方法



禁煙成功!

“完全にタバコから解放される”為の禁煙方法


タバコは悪いものだとわかっているのにやめれなかった喫煙者が
禁煙グッズや禁煙外来の医者に頼らずに禁煙できた方法です!

とても意思が強いとはいえない人でも
禁煙に成功できる可能性がグーンと高まりますので、
是非試してみてください!

人それぞれ、環境、状況が違うと思いますので、
これを読めば必ずやめられるということではないのですが、

実際に購入してから読んでみて効果がなければ
無期限で情報代金の返金がOKですので、
安心して自分のペースで取り組むことができます。




 

ページの上に戻る