受動喫煙の防止対策

 

厚生労働省は、他人の煙草の煙を吸わされる受動喫煙の防止対策として、
受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案の原案を公表しました。

 

例外を除いて飲食店は原則、建物内を禁煙とし、
悪質で命令に違反した場合の罰則は
煙草を吸った人に30万円以下の過料、
施設管理者は50万円以下の過料するとしています。

 

WHO(世界保健機関)は、
日本の受動喫煙対策は“世界最低レベル”と指摘しており、
厚生労働省は2020年の東京オリンピックに向けて、
公共の場および飲食店での禁煙を法制化していくと思います。

 

私自身も煙草をやめてはじめて、
煙草を吸う人のマナーの悪さを感じるようになりました。

 

自分も前までは煙草を吸っていたので
偉そうなことは決して言えないのですが、
確かに吸わない人からしてみれば、
他人の煙草の煙を吸わされることは嫌なものです。

 

さらなる禁煙成功を呼び寄せる方法



禁煙成功!

“完全にタバコから解放される”為の禁煙方法


タバコは悪いものだとわかっているのにやめれなかった喫煙者が
禁煙グッズや禁煙外来の医者に頼らずに禁煙できた方法です!

とても意思が強いとはいえない人でも
禁煙に成功できる可能性がグーンと高まりますので、
是非試してみてください!

人それぞれ、環境、状況が違うと思いますので、
これを読めば必ずやめられるということではないのですが、

実際に購入してから読んでみて効果がなければ
無期限で情報代金の返金がOKですので、
安心して自分のペースで取り組むことができます。




 

ページの上に戻る